PRODUCT製品紹介

パーフルオロオクタン酸懸念への取り組み

AGCセイミケミカルのフッ素系製品の環境負荷物質への対応

1.パーフルオロオクタン酸懸念

パーフルオロオクタン酸は自然界には存在しない人工の化學物質で、PFOAと略して稱されています。
この物質は化學的にきわめて安定な物質であるため、自然界で分解されずに殘留すると考えられています。また一旦生體內に取り込まれると排出されにくい性質(生體蓄積性)があること、更には長期にわたり摂取した場合毒性を発現することが環境?安全上の懸念材料とされています。2000年以降各國で様々な調査?研究が行われています。
生體蓄積性に懸念がもたれるフッ素化合物にはPFOS(パーフルオロスルホン酸)、長鎖PFCAs(パーフルオロカルボキシックアシッド)、などがあり、PFOA(パーフルオロオクタン酸)もその中の一つとされています。生體蓄積性や毒性はこれらの化合物のパーフルオロアルキル基の炭素數が8個以上の場合に高いレベルになると考えられています。

2.米國環境保護局とAGCの対応について

米國環境保護局は2006年1月、AGCなど8社に対して、PFOA、PFOA類縁物質、および、それらの前駆體物質の排出量及び製品中の含有量を《2000年を基準年に2010年までに95%、2015年までに100%削減》というスケジュールで削減するよう呼びかけました。
これをステュワードシッププログラム(Stewardship Program)と言います。弊社を含むAGCグループもこの呼びかけに賛同し、プログラムへの參加をいたしております。

3.AGCセイミケミカルのフッ素系製品について

従來のAGCセイミケミカルのフッ素系製品の主成分はPFOAそのものではありませんが、極微量の不純物として含有されていること、また分解してこの物質を生成する可能性がございました。
これらの狀況を踏まえ、AGCセイミケミカルでは、こういった懸念に対応した新しい製品をご紹介させて頂いております。パーフルオロアルキル基の炭素數が8以上の長鎖製品の製造?販売はすでに終了致しております。
現在の製品は、パーフルオロアルキル基の炭素數が6以下の構造での品揃えとなっております。

一道日本免费av波多野结衣